■プロフィール

  茨城生まれ。東京音楽大学音楽学部音楽科作曲専攻卒。
 作曲を湯浅譲二・池辺晋一郎・依田光正、理論を故入野義朗・吉田良雄、オーケストレーションを伊福部昭・池野成の各氏に師事。

 80年代、同じ湯浅門下の作曲家、藤枝守・田中聰・菅谷昌弘らと共に学内に研究室”自主ゼミ”を開講。
 同ゼミ主催のコンサート“Everything Is Expressive”のメンバーとして解散を迎えるまでこれに参加し、定期的に新作発表活動を行ってきた。
 また、作曲家の宮澤一人・草野次郎・大石泰らと共に“Group En”にも何度か出演し、作品を発表してきた。

 1996年に≪水戸現代音楽祭≫を旗揚げし、初代実行委員長を歴任。様々な現代の音楽シーンを集めた地方発信の現代音楽祭をスタートさせた。

 現在、作曲家の梶俊男と共に、現代音楽コンサート“PETETOK”(ペテトク)を企画運営している。

 コンサートシリーズPETETOK主宰
 日本現代音楽協会会員

■主な活動歴

・1983~1988年 湯浅譲二門下の同志たちにより「自主ゼミ」を開講。

・1983~1988年 
現代音楽コンサート≪Everything Is Expressive≫(於:新宿文化センター)の定期公演をスタートする。その初代メンバーとして解散まで定期的に新作発表活動を行なってきた。主なメンバーは、藤枝守、田中聰、菅谷昌弘、白鳥俊、新井陽子、河野典子、内山泰一という顔ぶれ(後に鈴木治行氏、山本裕之氏らも加わる)。当時の最前衛の作曲家グループとして、広く注目を集めた。

・1987年 現代音楽コンサート「天球の音楽」(於:水戸市常陽芸文ホール)を企画主催、初演&再演をする。

・1984~1988年 GROUP EN(於:ルーテル市谷センター)のメンバーとして新作を発表する。主なメンバーは、宮澤一人、草野次郎、大石泰、菅谷昌弘ら。

・1992年 アメリカの美術家クリスト氏が来日し「アンブレラ展」が開催された際、タイアップして企画された現代音楽コンサート「アンブレラ賛歌」(於:常陸太田市パルティホール)にゲストとして招かれ、コンピューター音楽「雨の風景」を出品、初演。

・1996~2000年 水戸現代音楽祭(現在、水現21に改名)を発起。初代実行委員長を歴任。地方では珍しい、現代の幅広いジャンルの音楽シーンを集めた定期公演を開催した。

・2001年 作曲家の梶俊男氏と共に現代音楽コンサートシリーズ≪PETETOK≫を主催、すみだトリフォニーホールをホームに定期公演を始動する。

・2002年 中村和枝氏のピアノリサイタル「クラヴィアーレア」(於:門仲ホール)において、ピアノ作品「無限小律揺1」(再演)が取り上げられる。

・2009年 松平敬&橋本晋哉 ≪低音デュオLIVE2≫(於:渋谷公園通りクラシックス)において、バリトンとチューバのデュオ作品「DIGITAL BOX」が再演される。

・2009年 ≪双子座三重奏団第5回演奏会≫(於:渋谷公園通りクラシックス)において、委嘱作品「道Tao」が世界初演される。

・2012年 現代造形作家と現代音楽作家のコラボユニット『犀舎(Rhinoceros Barn)』を結成。

・2012年12月22日(土)≪曽我部清典&フレンズ ~曽我部清典とその弟子達~≫(新宿のアーティストサロンDolce東京)において「間質の奏楽」が再演される。

・2013年 11月、犀舎が主催するインスタレーションと音楽の展覧会、サウンドアート展『間質の森』を開催。いずれもElectro作品「Nozuchi」「HummingBird」「WaterDrops」「間質の森Ⅱ」「無限小律揺Ⅰ Short Ver.」の新作5曲を初演。(2013年11/5~11/10、Galerie Ciel)

・2014年 12月、≪成蹊大学混声合唱団定期公演≫において、委嘱作品『DIGITAL BOX 2』ーfor Mixed Chorusーを初(2014年12月21日、東京オリンピックセンター大ホール)。

2015年 2月、≪西川啓太が啓く現代合唱の世界 ー第21回朝日現代音楽賞受賞演奏会ー≫において「DIGITAL BOX 2」が再演される。(2015年2月15日、浜離宮朝日ホール)

2015年 3月、≪低音デュオ第7回定期演奏会≫において、「DIGITAL BOX 1」が再演される。(2015年3月20日、杉並公会堂)

・2016年
 6月7日、≪PETETOK 第7回公演 ≫において「無限小律揺 1」が、ピアニストの中村和枝さんにより再演される。

・2016年
 6月19日、《 プロムナードコンサート/池辺晋一郎 with イ・ソリスティ・イバラキ室内合奏団 》大子町文化福祉会館まいんホールにて、弦楽合奏のための抒情組曲『野口雨情』が再演される。

・2016年
 10月10日、男声合唱団≪クール・ゼフィール≫第10回公演(JTアートアフィニス)にて、新作「DIGITAL BOX 3」が初演される。

■主な作品

 ●行為以前(1977)
 ・編成:クラリネット、ピアノ
 ・演奏時間:8分
 ・初演:1977年 東京音楽大学ホール

 ●Obsession (1978)
 ・編成:室内オーケストラ
 ・未初演

 ●Transcription1(1979)
 ・編成:オーケストラ
 ・未初演

 ●Trackless Track(1982)
 ・編成:バイオリン、ビオラ、チェロ、ピアノ
 ・演奏時間:9分
 ・初演:1982年 Everything is Expressive第1回公演 新宿文化センター
 ・手島志保(Vn)1、東義直(Va)、柴野さつき(Pf)ほか

 ●Transcription2(1983)
 ・編成:2本のクラリネット、マリンバ
 ・初演:1983年 Everything is Expressive第2回公演 新宿文化センター

 ●Teracotta1(1984)
 ・編成:フルート、クラリネット、マリンバ
 ・初演:1984年 Everything is Expressive第3回公演 新宿文化センター

 ●シリーズ《Atmosphere Op1》(1985-現在) No.1、No.2、No.3、No.4
 ・編成:ピアノソロ
 ・子供のためのコンサートプログラム

 ●シリーズ《Atmosphere Op1》(1985-現在) No.9、No.10、No.13
 ・編成:ピアノソロ
 ・クラシックコンサート・アンコールプログラム

 ●シリーズ《Atmosphere Op1》(1985-現在) No.11、No.12、No.14、No.15、No16
 ・編成:フルート、ピアノ
 ・クラシックコンサートプログラム

 ●Teracotta2『未帰還のトートロジーへ』(1986)
 ・編成:2本のフルート、チェロ、ピアノ
 ・初演:1986年 Everything is Expressive第4回公演 新宿文化センター
 ・演奏:野口龍(Fl)、足達祥浩(Fl)、山村和実(Vc)、堀江真理子(Pf)

 ●Emballage1(1987)
 ・編成:ピアノソロ
 ・初演:1987年 Everything is Expressive 第5回公演 新宿文化センター
 ・演奏:堀江真理子

 ●Emballage2(1987)
 ・編成:ギターソロ
 ・初演:1987年 Everything is Expressive 第5回公演 新宿文化センター
 ・演奏:照沼安志

 ●The wind rustled the time(1988)
 ・編成:2台のマリンバ
 ・初演:1988年 Group En 第1回公演 ルーテル市ヶ谷ホール
 ・演奏:野口道子他

 ●Emballage3(1988)
 ・編成:バイオリン、ビオラ、チェロ、ピアノ
 ・初演:199?年 Group En 第3回公演 ルーテル市ヶ谷ホール
 ・演奏:手島志保(Vn)、東義直(Va)他

 ●晩年J.ジョイスの瞑想2(1990)
 ・編成:バイオリン、ピアノ
 ・初演:19931年 『天球の音楽』常陽藝文ホール(水戸市)
 ・演奏:吉野薫(Vn)、江幡和子(Pf)

 ●Sound Sculpture(1990)
 ・編成:テープ音楽
 ・演奏時間:5分
 ・『月刊カセット』に収録、かつてアール・ヴィヴァンにて発売していた

 ●晩年J.ジョイスの瞑想1(1990)
 ・編成:テープ音楽
 ・初演:1990年 柏市内のギャラリーにて

 ●雨の風景(1990)
 ・編成:PC自動演奏
 ・初演:1990年 コンサート『アンブレラ賛歌』 パルティーホール(常陸太田市)

 ●抒情組曲『野口雨情』(1995)
 ・編成:弦楽オーケストラ
 ・演奏時間:10分
 ・委嘱:イ・ソリスティ・イバラキ室内合奏団
 ・初演:1995年 1都9県 関東地方知事会議場(水戸プラザホテル)
 ・指揮:田口邦生 イ・ソリスティ・イバラキ室内合奏団

 ●無方の空の星たちへ(1996)
 ・編成:声(ソプラノ)、ピアノ、障害者福祉施設大みかけやき荘のきらきら合奏団(日立市)
 ・初演:1996年 水戸現代音楽祭 第1回公演 ひたちなか市文化会館

 ●ヘテロフォニックな手法による『ヘテロスペース』(1998)
 ・編成:2本のトロンボーン、ピアノ、PC自動演奏
 ・初演:1998年 水戸現代音楽祭 第2回公演 ひたちなか市文化会館
 ・演奏:萩谷克己(Tbn)他

 ●Moire(1999)
 ・編成:ピアノソロ
 ・初演:19991年 水戸現代音楽祭 第3回公演 ひたちなか市文化会館
 ・演奏:横川和子

 ●Alex(1999)
 ・編成:尺八ソロ
 ・初演:1999年 水戸現代音楽祭 第3回公演 ひたちなか市文化会館
 ・演奏:横田鈴琥

 ●無限小律揺1(2001,Moire改訂版)
 ・編成:ピアノソロ
 ・初演:2001年 PETETOK 第1回公演 すみだトリフォニーホール
 ・演奏:中村和枝

 ●匿名性の音楽(2003)
 ・編成:バイオリン、ビオラ
 ・初演:2003年 PETETOK 第2回公演 すみだトリフォニーホール
 ・演奏:手島志保(Vn)、東義直(Va)

 ●無限小律揺2 ”化石の森” (2003)
 ・編成:ピアノソロ
 ・初演:2003年 PETETOK 第2回公演 すみだトリフォニーホール
 ・演奏:中村和枝

 ●無限小律揺3(2005)
 ・編成:ピアノソロ
 ・初演:2005年 PETETOK 第3回公演 すみだトリフォニーホール
 ・演奏:中村和枝

 ●匿名性の音楽(2005)
 ・編成:バイオリン、ビオラ
 ・初演:2005年 PETETOK 第3回公演 すみだトリフォニーホール
 ・演奏:手島志保(Vn)、東義直(Va)

 ●DIGITAL BOX1(2007)
 ・編成:バリトン、チューバ
 ・初演:2007年 PETETOK 第4回公演 すみだトリフォニーホール
 ・演奏:松平敬(Br)、橋本晋哉(Tb)

 ●残山剰水(2009)
 ・編成:トロンボーンソロ
 ・初演:2009年6月13日 PETETOK 第5回公演 すみだトリフォニーホール
 ・演奏:萩谷克己

 ●道 Tao(2009)
 ・編成:バリトン、トランペット、ピアノ
 ・初演:2009年 11月29日 双子座三重奏団 第5回定演 公園通りクラシックス
 ・演奏:松平敬(Br)、曽我部清典(Tp)、中川俊郎(Pf)

 ●泉(2010)
 ・編成:PC自動演奏
 ・初演:2010年10月31日 Galerie Ciel(水戸市)

 ●間質の森1(2010)
 ・編成:PC自動演奏
 ・初演:2010年10月31日 Galerie Ciel(水戸市)

 ●間質の奏楽(そら) (2012)
 ・編成:トランペット、ピアノ
 ・初演:2012年 PETETOK 第6回公演 すみだトリフォニーホール
 ・演奏:曽我部清典(Tp)、堀江真理子(Pf)

 ●間質の森2(2013)
 ・編成:PC自動演奏
 ・初演:2013年11月5日~11月10日 犀舎展 Galerie Ciel(水戸市)

 ●Waterdrops(2013)
 ・編成:PC自動演奏収録
 ・初演:2013年11月5日~11月10日 犀舎展 Galerie Ciel(水戸市)

 ●Humming Bird(2013)
 ・編成:PC自動演奏収録
 ・初演:2013年11月5日~11月10日 犀舎展 Galerie Ciel(水戸市)

 ●のづち(2013)
 ・編成:PC自動演奏収
 ・初演:2013年11月5日~11月10日 犀舎展 Galerie Ciel(水戸市)

 ● DIGITAL BOX2(2014)
 ・編成:混声4部合唱
 ・演奏時間:9分
 ・委嘱:成蹊大学混声合唱団
 ・初演:2014年12月21日 成蹊大学混声合唱団 第50回定演 国立オリンピック記念青少年総合センター
 ・指揮:西川竜太
 ・演奏:成蹊大学混声合唱団

 ●Fixed Enumerations(2016)
 ・編成:チェンバロソロ
 ・初演:未初演
 ・演奏:未定

 ● DIGITAL BOX3(2016)
 ・男声合唱(6名6パート)
 ・演奏時間:9分
 ・委嘱:男声合唱団 クール・ゼフィール
 ・初演予定:2016年10月10日 男声合唱団クール・ゼフィール第10回公演 JTアートホール アフィニス
 ・指揮:西川竜太
 ・演奏:男声合唱団 クール・ゼフィール

 〈校歌・会歌・社歌・その他〉

●大子町立大子西中学校 校歌(1990)

●茨城県立大子特別支援学校 校歌(1997)

●熊野山龍泰院 テーマソング『龍翔…天竺遥か』(オケ曲/2004)

●特養老人ホーム泉荘 ホームソング『人生わくわく』(2016)


作品が収録されているCD

​ ●西川竜太の啓く現代合唱の世界
 http://www.amazon.co.jp/dp/B015CD5SDI 
 DIGITAL BOX 2 混声合唱のための(2014)

 ●ROTATION 低音デュオ 
 http://www.amazon.co.jp/dp/B010C3M9U8
 DIGITAL BOX 1 バリトンとチューバのための(2007)